うつし

UTSUSHI

神社の神事である大祓で使われる
「形代」をテーマにしたAR作品

毎年6月の水無月大祓式と12月の師走大祓式の2回に分けて、人々は半年間の健康と安全を願います。形代で体を撫でて息を3回吹きかけることで、自身についた穢れや厄を形代に移し、茅の輪を通って神社に納められます。本作では、体験者がiPadを手に茅の輪を潜ると、無数の形代が飛び回る異空間を歩く体験をすることができます。8の字で茅の輪を潜る、近づき穢れを祓う、地上の川へと流れていくなど体験者に代わりに形代が神事で行う動きをしてより理解を深められるような体験になっています。

Director / Designer

Yuki Saito

Programmer

Seiya Takasawa, Keita Abe

Special thanks

株式会社行方植物園

フィールドワークなど制作過程の説明が入ります。この文章はダミーです。「祈り」は様々な時代、様々な場所で行われてきました。私たちは今も身の回りにある祈りの「形」を通して、連綿と受け継がれてきた精神性やその背景にある文化、哲学を今一度見つめ直してみようと考えました。「いのりのかたち」は、仙台と東京を拠点に映像制作や空間演出を手がけるビジュアルデザインスタジオWOWによるリサーチプロジェクトです。このプロジェクトでは祈りの文化をテーマに、フィールドワークの様子や制作プロセスに加え、自分たちのもつ表現技術と解釈を加えて作り上げた実験的な4つのオリジナル作品を公開します。

いのりのはなし

本作品に関する
取材の様子、制作秘話など
後日、本WEBサイトで公開を
予定しています。